こんにちは。ハジメです。

 

最近、コロプラのCMがよく放映されているのをテレビで見かけますが、そこの出演している女優の女の子の桜井日奈子さんが非常にかわいいとネット上で噂になっているみたいです。

 

なんでも、それまで、あまりテレビ出演はなかった女の子でこのCMを機に話題に火がついているみたいです。

 

岡山出身の女の子で岡山の奇跡だと話題沸騰なのですが、そんな話題のCMを仕掛けた人物をご存じでしょうか

コロプラ社長の馬場功敦さんです。

 

コロプラは今や東証一部上場企業な訳ですが、なんと馬場社長はコロプラを副業からはじめて独立されました。

 

そんな、たぐいまれなる経歴を持つ馬場社長を今回特集してみました。

 

岡山の奇跡を生んだ話題のCM

 

最近、テレビなどで見かけることの多いこのCM

ご存じ、東証一部上場企業のコロプラのCMです。こちらに出演しているこの女の子がかわいすぎると話題を呼んでいます。

 

この女の子の名前は桜井日奈子さん。いままで、テレビへの露出は少なかったのですが、このCMを期にイ一気に注目が集まり、現在では「岡山の奇跡」だと噂されるレベルです。

最近では、1000年に一度とかいろいろ奇跡が多いことはさておき、桜井さんの注目が集まっていることは非常にすばらしいことですね。

 

2014年に岡山少女、美人コンテストで美人グランプリを獲得。

 

その他、話題を呼んでいるCMとしてはこちらの大東建託のCMなどもあります

CMはこの2つにしか出ていないようですが、これからより一層の活躍が期待されます。

 

副業から起業した馬場功敦社長の生き方とは

さて、桜井日奈子さんをここまで話題沸騰の人物にまで引き上げたコロプラCMの仕掛け人は誰だかご存じですか?

 

コロプラ社長の馬場功敦さんです。

 

コロプラと言えば、現在は東証一部上場企業な訳ですが、なんと驚くことに馬場社長はもともと、副業でコロプラをはじめ、そこから独立して現在に至るということです。

 

なんだか、私にもできるのではないかという気持ちになってきますよね。

 

九州工業大学大学院を卒業後、2003年に25歳で現在の株式会社Klabに入社。

 

スマホゲーム会社で有名なあの企業ですね。2003年からあったのも驚きですね。入社をしてすぐ自らの位置情報ゲーム「コロニーな生活」の開発をスタートします。

 

おそらく、入社してすぐ開発をしているというのは入社前から副業をしようと考えていたんでしょうね。

 

その後「コロニーの生活」の利用者が増え、副業として手に負えなくなり、GREEを経て、2008年にコロプラとして独立。

 

2012年には東証マザーズ上場を果たします。副業から初めて、わずか9年という月日で上場させてしまったわけです。びっくりですよね

 

2015年には東証一部上場を果たし、全国へ向けてCMも放送しだします。そんなCMの一つに桜井さんが出演されていたということです。

 

桜井日奈子さんがCMで話題沸騰に至るまでに、上記のような馬場さんの人生物語があったなんて、非常に感慨深いですね。

 

さて、そんな馬場さんですが、なんと2014年、アメリカの経済紙フォーブズが発表する世界長者番付で日本国内では資産22億ドルで馬場社長が以前勤めていたグリーやKLAB社長を抜いて13位につけています

 ◆長者番付(氏名、資産、年齢、肩書)
1 孫正義  184億ドル 56 ソフトバンク社長
2 柳井正  179億ドル 65 ファーストリテイリング社長
3 三木谷浩史 93億ドル 49 楽天CEO
4 滝崎武光  66億ドル 68 キーエンス社長
5 毒島邦雄  49億ドル 88 SANKYO創業者
6 森章一族  42億ドル 77 森トラスト社長
7 伊藤雅俊  35億ドル 89 セブン&アイ名誉会長
7 高原慶一郎 35億ドル 82 ユニチャーム社長
9 韓昌祐   34億ドル 83 マルハングループ会長
10 三木正浩  28億ドル 58 ABCマート創業者
11 重田康光  26億ドル 49 光通信会長
12 永守重信  25億ドル 69 日本電産社長
13 馬場功淳  22億ドル 36 コロプラ社長
14 孫泰蔵 21億ドル 41 ガンホー会長
15 多田勝美  17億ドル 68 大東建託創業者
16 田中良和  16億ドル 37 グリー社長
17 上月景正  14億ドル 73 コナミ会長
17 森佳子 14億ドル 73 森ビル相続人
17 安田隆夫  14億ドル 71 ドンキホーテ会長
20 岡田和生  13.5億ドル70 UE会長
21 似鳥昭雄  13億ドル 70 ニトリ会長
22 福武總一郎 12.5億ドル 68 ベネッセ会長
23 前澤友作  12.5億ドル 38 スタートトウディ社長
24 佐治信忠  11億ドル  68 サントリーHD社長
25 里見治   11億ドル  72 セガサミーHD会長兼社長
26 神内良一  10.5億ドル 87 プロミス創業者
27 上原昭二  10億ドル  86  大正製薬会長
※敬称略

 

わずか、10年で、雇われる側から雇う側へ。そしていままで自分を雇っていた会社の社長を自分が抜いてしまったわけですからいかに、やり方次第で上に行けるのかが分かりますね

 

次の時代に目を付けることが重要!次に伸びてくる分野とは

 

コロプラはいち早くスマホゲーム業界に目をつけ、スマホゲームの先駆者として、市場をけん引してきました。

 

だからこそ、KLUBやグリーがアプリ開発会社として先に存在していたのに、それを追い抜くことができたわけです。

 

しかし、そのように成長著しい分野というのもいずれは成長は止まります

 

人間の身長の伸びが止まったり、日本の高度経済成長が終わるように・・・

 

実際、最近はスマホゲーム関連の市場の需要は頭打ちのような形になってしまっています。

 

やはりスマホの普及が一巡してしまったということとと、やはり、利用者が飽きてしまったということが挙げられるんでしょうね。

最近は、電車に乗っていても昔に比べ、スマホゲームをやっている人も少なくなってしまったような気もします。

 

馬場社長自身、スマホゲーム市場は頭打ちで伸びは期待しにくいという旨の発言をしています。

 

だからこそ、5年前に、馬場社長がスマホゲームに目を付けていたのと同じように、我々も、次にどのようなビジネスが伸びてくるか考えなくてはいけません。

 

起業家だけではありません。企業に勤めたいというかたでも、次にどんな分野が伸びてくるのか考えなくては、斜陽産業の企業に入ってしまっては、時代の流れが速い現在、10年先にあるかどうかなんてわかりません。

 

おどしでも、なんでもなくです。

 

余談になりますが、いま、私が勤めているような対面主体の証券会社はあと10年したらネット証券にとって代わられて存在していないと思います。

 

今、取引いただいているお客様の多くが高齢者。若い方はみんなネット証券です。

 

大学4年次の私にはそれを見越すだけの先見性がありませんでした。

 

逆にこれから、私はどんな未来がくるかと考えているかというと、インターネットで一人一人が自分で商売をしていく社会です。

 

なにも、会社を辞めて独立しろなんてことを言っているわけではありません。

 

会社に勤めながら、自分で別な自営業の仕事をしているのが当たり前の世界です。

 

実際、そんな企業も日本にはあります

 

○エンファクトリー

 

○リクルート

 

○サイボウズ

 

現在はインターネットの発達で、別にリアル社会で自分のお店をもたなくとも、ネット社会に自分のホームページというお店をだせる時代だからです。

 

いままで、起業には、

 

○お金

 

○時間的余裕

 

というハードルがありましたが、現在は、インターネットの発達で、それらが取り払われている状態です。

 

 

 

インターネットで商売をする。もし、あなたが私の意見に賛同していただけるのであれば、私はそれをお教えすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

今すぐネットビジネスを始められる有料級無料動画テキストプレゼント!

いままでアフィリエイトについてお話しさせていただきましたが
僕は自己アフィリエイトやブログアフィリエイトを副業で実践することで、一日、16時間労働・残業代がほぼ出ないような証券会社勤務だったにも関わらずブログアフィリエイトや自己アフィリエイトなどで月収25万円以上の副収入を得ることができています。

ブログアフィリエイトや自己アフィリエイトなどで月収25万円以上の収入を得ることができるようになった再現性の高いノウハウを完全無料コミュニティー「LiveHouseカンタービレ」に入会した人で限定で配信しています。完全無料なので是非登録してみてください。

なかでもブログアフィリエイトのノウハウには自信があるので是非みてくださいね!

今なら、僕のネットビジネスのノウハウを詰め込んだ動画60本越えの有料級テキスト【ネットビジネスカンタービレ】を入会者限定で無料プレゼントをしています。

是非、下記のフォームより登録してみてください。

みなさんこんな記事もご覧になっています