2月にホンハイの傘下に入ることを発表したシャープ

 

わずか、数年前まで、亀山モデルで世界に日本の存在感を示していたシャープが2016年には台湾の企業になっているなんてだれが想像したことでしょうか。

 

驚きと同時に日本人として寂しさを覚えます。

 

そんな中、ホンハイのシャープの買収に待ったをかける情報が発表され、シャープ買収が一時保留という形になっていますね。

 

なんとシャープの太陽光発電で発生した3500億円の偶発債務があることが発覚したのです。

 

今後、シャープはどうなっていくんでしょうか。シャープで太陽光発電出始めた方からすれば、太陽光発電の今後と補償も気になるところ。

 

見てみましょう。

 

太陽光発電の今後はどうなる

 

シャープの液晶部門に次ぐ収益柱の一つだった太陽光発電部門

 

こちらは今後、シャープが鴻海に買収された場合どうなってしまうんでしょうか。

 

現状だと太陽光部門は他社に売却されてしまう可能性が高いようです。

 

先日、鴻海の郭会長の会見で、シャープ買収後の主な改革として

 

●40歳以上の社員のリストラ

 

●太陽光発電部門の売却

 

を挙げていました。

 

ちなみに今後の保障についてはまだ、何もきまっていないということです。

 

 

 リストラで雇用はどうなる

 

上記のように、鴻海はシャープの改革案の中に40代以上のリストラを挙げています。

 

形式上は早期希望退職という形で退職者を募るとは思いますが、事実上のリストラです。

 

関連記事:

 

反対に40歳以下の若手に関しては、「積極的に投資していく」として若手育成に力を入れていくと説明しています。

 

まとめ

 

シャープはもともと、液晶分野と太陽光分野に注力して投資を行ってきました。

 

しかし、その後、液晶分野はリーマンショックの円高ウォン安によってレノボなどの韓国企業にシェアを奪われ、太陽光分野は中国の安価な太陽パネルにシェアを奪われてしまいました。

 

そして、今回の買収へ・・・・

 

鴻海の企業の内容などを見てみても、台湾企業といえども、内容は中国の国営企業みたいなものです。

 

シャープという日本を代表する総合家電メーカーが中国資本に買収されてしまうのは寂しいという他ありません。

今すぐネットビジネスを始められる有料級無料動画テキストプレゼント!

いままでアフィリエイトについてお話しさせていただきましたが
僕は自己アフィリエイトやブログアフィリエイトを副業で実践することで、一日、16時間労働・残業代がほぼ出ないような証券会社勤務だったにも関わらずブログアフィリエイトや自己アフィリエイトなどで月収25万円以上の副収入を得ることができています。

ブログアフィリエイトや自己アフィリエイトなどで月収25万円以上の収入を得ることができるようになった再現性の高いノウハウを完全無料コミュニティー「LiveHouseカンタービレ」に入会した人で限定で配信しています。完全無料なので是非登録してみてください。

なかでもブログアフィリエイトのノウハウには自信があるので是非みてくださいね!

今なら、僕のネットビジネスのノウハウを詰め込んだ動画60本越えの有料級テキスト【ネットビジネスカンタービレ】を入会者限定で無料プレゼントをしています。

是非、下記のフォームより登録してみてください。

みなさんこんな記事もご覧になっています