こんにちは。ハジメです。

 

今日、なんとも驚きのエピソードが飛び込んでまいりました。なんと、いつも観ている報道ステーションに出演されているイケメン経営コンサルタントのショーンKさんの経歴が完全に査証されていたというニュースです。

 

かなりの驚きだったので、電車の中で声を上げてしまいましたよ。

 

ここで一つの疑問が浮かびました。いままでの経歴が詐称されていて、実際は高卒で燃焼30億円の経営コンサルタントというのも嘘だったわけですが、なぜ、ここまで私を含め、国民の信頼をえて、惹きつけることができていたのでしょうか。

 

ちょっと考えてみました。

 

 

ショーンKの嘘で塗り固められた人生

 

さて、今回のショーンKの経歴詐称について振り返ってみましょう

 

偽装された彼の経歴

 

アメリカ人と日本人とのハーフとして生まれる。

家が大変貧しく、高校を出る資金もなかったため、独立し一人暮らしをしつつ、3畳一間の和室に住みつつ、新聞配達をしながら生計を立てていた。

 

 

苦しいながらも新聞配達をしながら、勉学に励み、海外の名門大学、テンプル大学に入学する。その後、BA 学位を取得

 

 

ハーバード大学の大学院に進学。MBAを取得

 

パリ第一大学に留学

 

コンサルタント会社を立ち上げる。年商30億の経営コンサルタントになる

 

実際

 

熊本の高校を卒業。コンサルタント会社を立ち上げるも実態は無し。テンプル大学などにも一応、行ってはいますが

 

テンプル大学・・10か月の留学

 

ハーバード・・・3日のセミナーに参加

 

パリ第一大学・・・オープンキャンパスに参加

 

両親は二人とも日本人

 

というなんとも言えない経歴でした。

 

ここまでくるとおそらく、新聞配達の苦学生エピソードも嘘でしょう。

 

本名もショーンKではなく、普通に川上伸一郎という何とも和風な名前でした。

 

笑い話ですが、高校時代は嘘をつきすぎてホラッチョ川上と言われていたみたいです。

 

ちなみに、経歴のみならず、顔も整形しているようなので、誰一人として「ほらっちょ川上」とはきずかなかったみたいですが・・・・

 

なぜここまで人を惹きつけたのか

 

 

とはいえ、なぜ、嘘の経歴でここまで人を欺きつつも、惹きつけることができたのか。非常に気になります。

 

その理由について、家族や友人に私なりにききましたところ、主に3つの理由があるようです

 

その1・・イケメンすぎる

 

ここまで、人気になり、人を惹きつけることができた最大の理由はイケメンすぎるということです。

 

こちらの画像をご覧ください。

 

 

みてください、このイケメンで、品があり、知的なこの雰囲気。いかにも都心の超高級マンションに住んでそうな雰囲気ですよね。

 

一応、詐称された経歴だと都心の一泊5万円の超高級マンションに住んでいるということですが、おそらくこれも嘘でしょう。

 

報道ステーションなどにもよく出演されていましたが、イケメンすぎて、内容が頭に入ってこなかったという意見も多数ありました。

 

声がダンディーでかっこいい

 

こちらの動画をご覧ください

 

 

 

 

ここまでの声をしているとさすがに普通のことを言っているだけでも引き込まれてしまいますよね。

 

多少は勉強をしている

 

上記のように、多くのことを詐称しているとはいえ、テレビに出ていた際、コメントを求められれば、ある程度、体を成すことを言っていましたので、多少は勉強していたのかとも思います。

 

報道ステーションなどでも、安保問題から人工知能まで幅広くコメントを残していましたので、知識を付ける努力はしていたものと思います。

 

大和証券のセミナーの講師も担当するなど、経済についてもある程度話はできたようです。

 

まとめ

 

ともかく、今回の件は国民をだましていたということなので、今まで起用していたテレビ局や番組などはこれから釈明におわれることでしょう。

みなさんこんな記事もご覧になっています