就職活動で必死になって内定をもらったけど、早速辞めてしまった。

このページを見ていらっしゃる人はそんな状況で困っている方が多いのではないでしょうか。

新卒だと若い方が多いでしょうから親に何と言っていいかもわかりませんね。

1か月で辞めた方などはこれからの人生どうなってしまうのか。もう社会から相手にされないのではないのか。

 

そんな不安え押しつぶされそうな方も多いのではないでしょうか。

 

さて、今回はそんな方に向けて記事を書いてみようと思います。

 

新卒で入った会社を一ヶ月で退職!これからどうする?

 

1990年以降、バブル崩壊後、日本経済の停滞が停滞期に入り企業も採用人数を絞り、就職氷河期という時代を迎えており、大学を卒業しても就職することすらも難しいという時代を迎えていました。

 

そんな中、必死に就職活動をして、内定をもらっても、3年以内で会社を辞めてしまう人が後を絶たないみたいです。

 

人によっては数か月、短い方だと1か月や最短だと即日で辞めてしまう人もいる様です。

 

このページを見ていらっしゃるあなたもそんな経験をされている方なのではないでしょうか。そうではなかったとしても会社を辞めたい若手社員の方なのではないでしょうか。

 

やはりそうなってくると親にも言い出しにくいですよね。

 

さて、もし、一ヶ月や数か月という短期で離職してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。いくつかのケースを紹介させて頂きます。

 

 

就職エージェントに相談する

 

私が一番、おススメするのはこの方法です。

 

就職エージェントというのは簡単にいうと就職斡旋の会社です。

 

就職の相談に行けば、履歴書や自己PRの添削をしてくれて、企業へのエントリーまでしてくれます。

また、就職面接などについても手厚いサポートをしてくれて、就職までを包括的にサポートしてくれます。

 

また、転職エージェントの相談員の方もハローワークと違いプロですから、適格なアドバイスもしてくれます。

 

正直、一ヶ月などの短期間で退職ですと、どうしていいかわからないですし、自分で判断して、単独で応募するにしても、短期離職であるため、ブラック企業しか採用してくれない可能性が高いです。

 

一度、プロに相談してみるのが得策です。

 

私の経験だと、就職エージェントは熱心な方が多く、真剣に相談に乗ってくれます。

 

 

ハローワークに行く

 

次に、おススメするのがハローワークにいくことです。

 

首都圏や関西ですと就職エージェントがあるかもしれませんが、地方だと就職エージェントのサポートが受けられない場合もあります。

 

そのような場合は、ハローワークに行くのも選択肢の一つになります。

 

最近では新卒ハローワークといって新卒専用のハローワークもあるので、就職エージェントほどではないのですが、適格な指導をしてくれます。

 

 

公務員を受ける

 

公務員を受けることも一つの有効な選択肢です。

 

民間企業に比べて、経歴が重視されることが少ないですし、テストの比重が高いので、公務員試験の勉強をして公務員になるのも一つの手です。

 

一時期は、学力よりも社会性ということで、過去の経歴や面接に重点をおいた採用が多かった時期もありますが、最近では、また、学力重視という形になってきています。

 

起業する

 

最近では、企業への敷居も昔に比べて低いものとなってきています。

 

最近のアベノミクスでも地方創生の政策の一環として福岡や新潟で企業がしやすいように規制緩和がされましたよね。

 

また、企業へのリスクというものも低くなっており、1990年ですと、自分で現実の世界で実店舗を構え、在庫を調達し、在庫が残ってしまうなどのリスクを抱えながら商売をしなくてはいけませんでした。

 

ただ、2000年代になってからですと、ネット環境の発達によってネットでのビジネスが発展しましたよね。

 

アメリカのgoogleやfacebookなどもそうですし、日本でも、堀江貴文さんなどがlive doorなどを経営し、一世風靡しましたよね。

 

現在では、だれでもブログなどを使ってお金を得ることができる環境が整っています。

みなさんこんな記事もご覧になっています