タイトルづけを間違えてしまうと
検索エンジンで上位に表示されずに
アクセスが集まりませんので注意しましょう!

 

アドセンスアフィリで特に重要なのが、
キーワード選定という話は色々なところで散々言っています。

しかし、その選定したキーワードを
うまくタイトルに反映することが
できなければキーワード選定の
努力は水の泡となってしまいます。

無論、アクセスは集まりません。

今回はそんなタイトルづけを間違えないための
タイトルづけのポイント5つを紹介します!

タイトル付けの5つのポイント

タイトル付けの際に意識するべきポイントは以下の5つです。

キーワードがきちんと含まれていること

以下コピペ

キーワードがしっかり含まれていること
メインキーワードは一番左にあること
日本語として自然であること
文字数は25文字~30文字がベスト
惹きを意識すること
この5つを抑えていけば、
良いタイトル付けをすることができるでしょう。

キーワードがしっかりと含まれていること

これは一番ありがちながら致命的なミスです。

これをしてしまうと選定したキーワードので検索しても検索エンジンにひっかかりません。

簡単に言うとせっかくキーワードを選定してもそれをそのまま使わなかったりするのです。

気をつける点は以下の3点です。

・漢字やカタカナ、英語などを勝手に変えない

・細かい言い回しを変えない

・人名はなるべくフルネームで入れる

ただし、ネックネームの方が知名度があり、もともとそのニックネームでキーワード選定をしていた場合は無論、使用してもokです。

 

メインキーワードは一番左に

タイトルのSEOはタイトルの左に行けば行くほど強くなります。

なので、メインキーワードを一番左に設定し、その他キーワードもなるべく左に来るようにタイトルづけをしていきましょう。
ただし、このときに絶対に間違えてはいけないのは選定したキーワード順番を絶対に変えないということです。

もうひとつのメリットとしては、
その記事が何に関する記事なのかが検索エンジンで見たときに
一目で分かるということです。

 

日本語として自然に

アドセンスアフィリエイトをしている方は
検索エンジンにできるだけヒットさせたい一心で
キーワードを詰め込みすぎてタイトルが日本語として
めちゃくちゃになっている人も多いです。

このような場合、ペナルティの対象となってしまうので
気を付けましょう。

 

 

文字数

文字数については25文字・30文字程度で作っていきましょう!
というのは文字数が30文字を超えてくると検索エンジンで見たときに尻切れになってしまうのです。

グーグル側でタイトルを省略してしまうんです。

タイトルが切れてしまうと
なんの記事なのか意味がわからないですし、seo的にも弱くなってしまいます。

ちなみにこの30文字という制限ですが
グーグルのアップデートによって変わってくるので
一概になん文字とも言えませんので目安として覚えておいてください。

惹きを意識する

検索エンジンで見たときに一発で見たくなるような
タイトルを目指していきましょう

みなさんこんな記事もご覧になっています