こんにちは。赤津孝一です。

今回はグーグルペナルティについて解説をさせていただきます。
このグーグルペナルティ、一度受けてしまうとあなたがいままでブログに捧げてきた努力が
水の泡となってしまうほどの恐ろしいものなのでしっかりと本動画で学んでいきましょう。

 

 

 

Googleペナルティとは

Googleペナルティとは、Googleが定める品質に関するガイドラインに準拠していない・違反しているWebサイトに対して、Googleが課すペナルティのことを指します。
⇒検索の順位が大幅に下がってしまったり、検索エンジンから削除されてしまうこともある。

 

どんなサイトがペナルティを受けるの!?

下記のようなサイトがペナルティを受ける可能性が高いです。

■オリジナルの内容がない、質の低いコンテンツがある

■不自然なリンクがついているサイト

さて具体的にはどのようなサイトなのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

オリジナルの内容がない、質の低いコンテンツがあるとは

  • 自動生成されたコンテンツ
  • ほとんど同じ内容で複数生成されたコンテンツ
  • 他サイトから無断内容をコピーしたコンテンツ
  • 商品説明やレビューをコピーしただけの、独自コンテンツのないアフィリエイトサイト

不自然なリンクがついているサイト

  • リンクを張るためだけに作られた質の低いサイトからのリンク
  • アンカーテキストにキーワードが作為的に盛り込まれたリンク
  • 相互リンクを大量に張りあっているリンク
  • アフィリエイトサイトからのリンク
  • 商品などの報酬を与えて、レビューをしてもらい張ってもらったリンク
  • 質の低いブックマークサイトに登録して張られたリンク

以上がグーグルのペナルティについての規約です。
上記のようなサイトがペナルティを受けるということですが抽象的でわかりにくいですよね。

ペナルティの内容はかなり拡大解釈されていて
キーワードを詰め込みすぎた記事=質の低いコンテンツ
でペナルティを受けることも多々あるので気を付けましょう。

googleペナルティの種類

googleペナルティの種類には以下の2種類のペナルティがあります。

■手動ペナルティ

■自動ペナルティ

です。

では具体的にそれぞれどのようなペナルティなのか解説していきます。

手動ペナルティとは

手動ペナルティとはグーグルの人間がサイトを直接見て、上記の違反事項に違反していないかチェックをして
違反しているとみなされた場合は、ペナルティの対象となります。

グーグルの人間が目視で行うため手動ペナルティと言われています。

このペナルティはかなり重い内容となっており、検索順位が圏外に飛ばされたり
インデックスが削除されるなどの対応を取られることが多いです。

自動ペナルティとは

自動ペナルティとは手動ペナルティとは反対に
googleのシステムがグーグルの規約に違反していないかをチェックし
ペナルティを課すものであるため自動ペナルティと言われています。

順位を下げられるなどのことはありますが手動ペナルティよりも
軽いペナルティで済むことが多いです。

 

googleペナルティを受けたときの確認方法は!?

googleペナルティを受けたときにはどのような確認寳保うがあるのでしょうか。
確認方法は手動ペナルティの場合と自動ペナルティの場合で多きく異なります。

手動ペナルティの場合

GoogleからSearch Consoleに 「サイトの品質に関する問題」 と言った件名でメッセージが届くか、Search Consoleの「手動による対策」ページにペナルティ
が課された旨が表示されます。とはいえ、その内容も抽象的なことが多いのでペナルティを課された性格な理由はわからないことが多いです。

自動ペナルティの場合

googleからのメッセージは一切届きません。
いきなり検索順位が下げられたりします。

そのため、突然順位が落ちた!なんて時には自動ペナルティだと考えるサイトを見直すことが大切です。

ペナルティをうけたら

さて、結局のところペナルティを受けたらどのような対処を
行えばよいのでしょう。

私がオススメするのはサイトを新しく作りなおす方法です。

サイトを手直しして解除申請を行う方法もあるのですが
サイトのどこでペナルティを受けているかわからないので
それを突き止めるのに膨大な時間がかかってしまいますので

再度新しくサイトを作り直してしましましょう。

 

まとめ

グーグルペナルティはいままで必死に育てたブログを壊してしまう
非常に恐ろしいものです。

私も一度受けたことがありますが精神的ダメージはかなり大きいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんこんな記事もご覧になっています