こんにちは。はじめです。

今年が始まってすぐから経済も波乱含みですね。

特に注目なのが為替です。ドル円の為替もここ一週間くらいで5円くらい円高方向に振れたんではないでしょうか

為替の動向というのは、輸出が主力産業にとっての日本にとっては超重要なファクターですね。

 

さて、そもそも、なぜこの円高は始まってしまったのでしょうか。今回はその原因や理由を3つのキーワードから探ってみます。

 

キーワード1 アメリカの経済の停滞

 

まず一つ目はアメリカ経済の停滞が挙げられます。

 

2008年のリーマンショックからすっかり立ち直り、2013年、2014年、2015年と空前の好景気に沸いたアメリカ。

 

株の値上がりや不動産の価値上昇によって、一人当たりの金融資産の価値が過去最高に達したともいわれていました。

 

そして、アメリカのGDPの大部分を占める内需も完全に回復しました。

 

そして、ついに、2015年12月、好景気になりすぎているということでバブルにならないように、政府が経済に一定のストップをかける金融引き締め政策、いわゆる利上げを行いました。

しかし、この政策の実施後、アメリカの経済は足踏み状態となってしまったのです。

アメリカの雇用統計や消費者物価指数、PMI指数・・・・

 

重要な指標が軒並み下落しました。

 

それにより、そんな、不景気に苦しむ国の通貨なんか持っていたれない!

 

ということで、ドル売りが加速

 

ドルが売られて行き場を失った資金が円に流れ、円高ドル安を引き起こしました。

 

それが今回の円高の一つ目の要因です。

 

キーワード2  マイナス金利の副作用

 

二つ目のキーワードはマイナス金利です。

 

普通に考えればマイナス金利は円安要素なんじゃないの?という声がきこえてきそうですが、その通り。

 

マイナス金利は円安要素です。しかし、なぜ、今回マイナス金利導入にも関わらず円高に動いてしまったのでしょうか

 

その答えは、今回、マイナス金利が導入される預金の規模にあります。

 

マイナス金利が導入されると発表されたときには、銀行が日銀に預けているお金の全額に対してマイナス金利が導入されると考えられていました

しかし、実際蓋を開けてみると、マイナス金利が適用されるのは、市中銀行から日銀に預けられている金額の1割にしか満たない10兆円のみ。

その他の金利はゼロ金利か、もしくはいままで通り0.1%の利率が適用されるということ。

それによって、マイナス金利は、実際には、たいして効果はないのではないかという評価がされて円が買われています

 

キーワード3  原油安

 

現在、原油安によって産油国がデフォルトに陥るのではないかという懸念が広がっています。これによって、世界経済への減速懸念が高まり、比較的安全通貨と言われる円が買われ、円高という状況になっています

 

2016年2月現在、原油価格は27ドル台まで下落が進み、約7年ぶりの安値まで達しています。

 

この理由としては、OPECとロシアとの間で原油のシェア争いを行っており、両国とも増産し続けているにも関わらず、新興国や中国は景気減退のあおりを受けて原油の需要が減退。供給は多いのに、需要は少ないという状況に陥っているのです。

 

この原油価格の下落のより、サウジアラビアやロシアをはじめとする産油国は大きな財政的な赤字をこうむっており、このまま、原油価格が20ドル台で推移していくようであれば、2017年にはデフォルトしてしまうのではないかという噂まで広まっています。

 

自国の産業(原油産業)を発展させようとがんばってるのに、逆にそれが自国の経済のクビを締める結果につながっているなんて、皮肉なものですね。

 

円高のメリットは?

 

さて、逆に円高メリットはないのでしょうか。

 

円高のメリットとしては以下の二つが挙げられます

 

海外旅行が行きやすい

まず、円高メリットの一つとしてあげられるのが、海外旅行に行きやすいということです。

 

円高に動くということは、円が高いわけですから相対的に海外の商品が安くなりますね

 

たとえば1ドル=120円から1ドル=100円に円高が進んだ場合、10万円をドルに換金すると1ドル120円の為替だと833ドルにしかならないのに対して、1ドル100円まで円安が進めば、1000ドルになりますので、円高が進んだだけで、アメリカに旅行するひとにとってみれば、自然と金持ちになってしまう訳です。

 

 

物価が下がる

二つ目は物価が下がるということが挙げられます。

 

輸入物価が下がるわけですから、店頭で売られる商品の価格もさがるわけですね。

 

ただこれはもろ刃の剣ですね。現在、物価上昇率2%を目指している安倍政権からしてみれば喜ばしい状況で

ないです。

 

まとめ

もし、上記3つの懸念が解消されず、第三弾の追加金融緩和が効果がなく、円高が進み続けた場合、日本の輸出産業は大きな打撃を受けることとなります。

 

実際、先日、トヨタは過去最高益を発表したにも関わらず、最近の円高が嫌気され株価は暴落。いかに、円高が日本に悪影響を及ぼすかがわかっていただけると思います。

そうなった場合、日本の輸出関連企業は大きな打撃をこうむり、いつ、東芝シャープのように、倒産寸前の企業が生まれてもおかしくないような状態になってしまうことも考えられます。

 

東芝シャープでは記事を見ていただいても分かるように、リストラ宣告で苦しんでいる人がたくさんいます。

 

あなたの勤めている企業もいつそのような状況になってしまってもおかしくありません。会社からリストラ宣告を受けてしまう前に、自分で稼ぐ力をつけ、会社以外の収入源を持っておく必要性があるのではないでしょうか

 

今すぐネットビジネスを始められる有料級無料動画テキストプレゼント!

いままでアフィリエイトについてお話しさせていただきましたが
僕は自己アフィリエイトやブログアフィリエイトを副業で実践することで、一日、16時間労働・残業代がほぼ出ないような証券会社勤務だったにも関わらずブログアフィリエイトや自己アフィリエイトなどで月収25万円以上の副収入を得ることができています。

ブログアフィリエイトや自己アフィリエイトなどで月収25万円以上の収入を得ることができるようになった再現性の高いノウハウを完全無料コミュニティー「LiveHouseカンタービレ」に入会した人で限定で配信しています。完全無料なので是非登録してみてください。

なかでもブログアフィリエイトのノウハウには自信があるので是非みてくださいね!

今なら、僕のネットビジネスのノウハウを詰め込んだ動画60本越えの有料級テキスト【ネットビジネスカンタービレ】を入会者限定で無料プレゼントをしています。

是非、下記のフォームより登録してみてください。

みなさんこんな記事もご覧になっています