こんにちは。

 

赤津です。今回はグーグルアナリティクスの使い方についてお伝えいたします。

 

グーグルアナリティクスですが、使える項目が多すぎてすべて説明することが難しいため、今回は必ずチェックすべき7つの項目についてお伝えします。

 

 

まず、Googleアナリティクス初心者が見れるようになっておきたいのが、下記の7項目です。

 

セッション : 訪問数

ユーザー : 訪問したユニークユーザー数

ページビュー数 : あなたのサイトが全部で何ページ(何記事)見られたか?の合計

ページ/セッション : 1訪問あたりのページビュー数

平均セッション時間 : 1回の訪問での平均滞在時間

直帰率 : 1ページだけしか見られなかった割合

新規セッション率 : 新しい訪問者の率

 

セッション

 

セッション数とは一人の訪問者があなたのブログを訪問しした場合、その人がブログに訪問してから別のサイトにうつるまでの一連の流れを【1】とカウントした場合の値です。

 

ただし。同じ訪問者だったとしても30分以上間隔をあけて訪問した場合は別の訪問者としてカウントしますので【2】とカウントします。

 

例えば、一人の訪問者がブログに訪問し、ページA、ページB、ページCを見て離脱したとします。そうすると。セッションは1とカウントされます。

 

そしてその30分後、再度、訪問者があなたのブログを訪れれば、セッション数は2としてカウントされます。

 

ユーザー

 

あなたのサイトを訪れた「人」の数です。こちらは30分以上間をあけたとしても、訪問者が同じであれば、【1】としてカウントされます。

 

ユーザーの考え方

 

別の人があなたのサイトを訪問しない限り、ユーザー数は増えない。

Aさんが別のサイトに移動した後、30分以上経った後にあなたのサイトに戻ってきた場合 ⇒ (ユーザー=1)

Aさん、Bさん、Cさんがあなたのサイトを訪問した場合 ⇒ (ユーザー=3)

 

ページビュー数

 

PV数とも略される。これは単純に訪問者があなたのブログのページを何ページ読んだかという値です。例えば訪問者があなたのブログを訪問し、3ページよんだとしたらページビュー数は3です。

 

ページビュー数(PV数)の考え方

 

Aさんが、あなたのサイトを4ページ分読んだ⇒ (ページビュー数=4)

Aさんがあなたのサイトを2ページ、Bさんが3ページ、Cさんが5ページ見た場合 ⇒ (ページビュー数=10)

 

ページ/セッション

 

その名のとおり、ページビュー数をセッション数で割った数字。

例えばPV数が10でセッション数が5だとすると、ページ/セッションは「2」になります。

 

平均セッション時間

 

あなたのサイトを訪問してくれる人が、あなたのサイトに滞在してくれている平均時間。

平均滞在時間ともいいます。

 

直帰率

 

あなたのページをみて、1ページだけ見て、あなたのブログから離脱してしまう人の割合。

 

新規セッション率(New Visiter)

 

レポート期間内に、あなたのサイトを初めて訪れるユーザーの割合。

例えば全体で100人ユーザーが訪問していたとして、80人が初めてあなたのサイトを訪れる場合、新規セッション率は80%となります。

今すぐネットビジネスを始められる有料級無料動画テキストプレゼント!

いままでアフィリエイトについてお話しさせていただきましたが
僕は自己アフィリエイトやブログアフィリエイトを副業で実践することで、一日、16時間労働・残業代がほぼ出ないような証券会社勤務だったにも関わらずブログアフィリエイトや自己アフィリエイトなどで月収25万円以上の副収入を得ることができています。

ブログアフィリエイトや自己アフィリエイトなどで月収25万円以上の収入を得ることができるようになった再現性の高いノウハウを完全無料コミュニティー「LiveHouseカンタービレ」に入会した人で限定で配信しています。完全無料なので是非登録してみてください。

なかでもブログアフィリエイトのノウハウには自信があるので是非みてくださいね!

今なら、僕のネットビジネスのノウハウを詰め込んだ動画60本越えの有料級テキスト【ネットビジネスカンタービレ】を入会者限定で無料プレゼントをしています。

是非、下記のフォームより登録してみてください。

みなさんこんな記事もご覧になっています