はじめまして!

ブログの著者・赤津孝一です。

現在、首都圏の人材系の企業に勤めている26歳です。
会社に勤める以外に、自分でウェブサイトを運営して収入を得たり、
ウェブサイトの作り方を教えるなどして収入得ています。

趣味は音楽です。

歌うことやピアノを弾くことが大好きです。
クラシックからロックまでなんでも大好きです。

 

現在の主な仕事

・人材系企業の会社員
・ウェブサイトの運営者
・会社員の副業支援

です。

このブログでは主に副業や忙しい主婦の方向けに
忙しい方でも実践できるようなウェブサイトの運営で収益を上げる方法を教えていきます。

世の中、アフィリエイトで大成功を収めて早く会社を辞めましょうみたいな
風潮が強いですが、早く会社を辞めることだけがその人の幸せとも限りません。

人の幸せは人それぞれです。

アフィリエイトで大成功を収めてアフィリエイ一本で独立したい人もいれば
会社員を続け安定してながらも副業を行い少しリッチな生活をしたい人

現状、アフィリエイト業界では残念ながら副業で結果を出せている方は
非常に少ないです。

でも本当にお金に困っているのは
一家の家計をささえるために日々奮闘している
会社員の方や主婦の方だと思います。

このブログでは1日16時間の多忙な証券会社でも
月収15万円以上の成果を出すことのできた僕が
忙しい方でも実践できる副業を教えていきます。

一人でも多くの副業実践者を増やし、
一人でも多くの人に結果を出してもらえればうれしいです。

そして、副業をやっていることが当たり前の社会を作りたいと思っています。

いまだに、副業を禁止している企業が多いですが
将来へのリスクヘッジや日本の今後を考えるといくつもの収入源を持つことは
何も悪いことではなく、当たり前の行動です。副業を禁止している会社が間違っていると
断言できます。

さて、まず、あなたとこれから
一緒に副業を実践するにあたって、まず、僕がどんな人か知ってもらいたいと
思っています。もし、良ければ下まで読み進めていってみてください。

 

性格

・音楽が大好き
音楽が本当に大好きです。
昔から歌うことが大好きで学生時代からバンド活動をしていました。
学生時代は自分を出すのが恥ずかしくそこまで本格的にやっていなかったのですが
最近になって自分の考えを曲で伝えたい、自分の思いを自分の歌声で伝えたいという
思いがあり、ピアノで作曲活動を始めました。

最近は、今まで訳あって始めることができなかった
昔からやりたかったピアノを始めて26歳にしてピアノの練習をしています。
周りからは、今さら、ピアノの練習なんて誰得!?と言われてしまいますが僕得です。
毎日楽しいです。

 

・猫が大好き
猫が大好きです。
実家ではアメリカンショートヘアを飼っています。
僕が作った力作の無料レポートやこのブログも「NEKO」という名前に
しようとおもっていましたが、メンターにセンスがないといわれて
変更を余儀なくされました。(笑)

 

・基本的に一人が好き!
気の知れた仲間じゃないと一緒にいることに気疲れしてしまうことが多い

・だから、飲み会など大人数が一同に会するところも苦手(笑)
あのざっくばらんに話せみたいな雰囲気が苦手で何を話してよいかよくわかりません。
ちなみにお酒も飲めません。

・基本的に負けづきらい。
基本的に人にとやかく言われたら飲み込まずに相手が納得するまで話します。

・結構、人見知り。
道や電車で知り合いにあったら、ばれないようにこっそりフェイドアウトします。

・基本的に真面目。
嘘をついたり、その場を上手く乗り切るために上手い言い回しを使う
とかができません。やってもアワアワして速攻でバレます。
だから、証券会社を続けることができなかったのかもしれません。

→証券会社を辞めた話

・不器用
ここまで書いてきたことからも分かるように
かなり不器用ですが、自分でいうのもなんですが根性はあるので
粘り強く取り組んで結果を出す人です。

・デザイン関連が本当に苦手
デザイン関連や美的センスを問われることに関して才能がゼロです。ブログを作っていく上で一番苦労しました。
このブログのデザインもココナラという外注サイトのクリエーターさんに頼んで
何とか形になるようにしました。

あと、僕の無料レポートを見てもらえれば
デザインセンスのなさが一発でわかると思います。

無論、内容はかなりしっかりしているのでご安心を。

 

とざっくりいうと僕はこんな感じの人です。

 

自分の今までの生い立ちについて

 

小学校・中学校

低身長+ガリというだったので
クラスの中でのヒエラルキーは無論、下層組でした。

そんな自分が嫌でなんとか下層グループから抜け出そうと
思いましたが、上位グループとはソリも合わず、空気のように
暮らしていました。

ただ、そんな中、自分を支えていてくれていたのがMr.childrenの歌でした。
彼らの曲を聞いていると今、自分の存在意義を感じられていなくても
将来これが糧になっていくと希望を持つことができました。

高校

さて、高校になると自分の存在意義を対外的に示す機会がやってきたんです。
それは「大学受験」です。

特に僕の実家はがけ崩れが起きてもおかしくないほどの田舎なので
古い学歴文化見たいなものが色濃く残っていました。

島国から東大生が出れば大騒ぎになるじゃないですか。
それと同じ原理です。

だから、いままで冴えない学生生活を送っていたとしても
この大学受験で成功を収めることができれば田舎のスターになれる。
今まで空気のように生きてきた
自分の存在意義を知らしめることができると思ってしまったんですね。

当時、僕の偏差値は32。志望校の偏差値は60.
夏の段階で担任の教師に3者面談で告げた時は
「本気で行っているんですか。」
と半ば、怒られました。

そんな教師の言動もどうかと思いますが・・・
→馬鹿がバカを育てる

さて、当時の夏休みから、ようやく勉強を開始しました。
偏差値32だとbe動詞が何かとか過去形がなにかとかわからないので
最初は参考書の意味を理解するのもかなりてこずりました(笑)

その結果、1浪はしたものの、京都にある希望の大学に入ることができ、
当初の予想通り、親戚や近所の人からすごいすごいとあがめられるのでした。
今、考えれば本当に意味のないことに執念を燃やしていたんだなと思います。

大学時代

さて、憧れの大学に入れたのはよいのですが
そこから一気に堕落していきます。

燃え尽き症候群でなんにもやる気がしません。
いままで頑張ってきたのでも夢のためじゃなく
見栄のためだったのでなにをしてよいかわかりません。

大学に入ったら彼女も何人もできて・・・
などよくあるリア充妄想をくりひろげていましたが何一つかなうことはなく(笑)

しかも、もともと、人見知りの性格なのでなんの縛りもなくなった大学生活では
その性格が爆発!下宿先から1週間一回もでることがないこともあるもはや廃人同然となってしまいました。

大学時代になったらバンド活動に明け暮れようとかんがえていましたが
やはりそこでも人との接触が起こるので一歩を踏み出せませんでした。

歌は自分でいうのもなんですが上手かったので知り合いの
バンド活動のボーカルを頼まれて時々活動をしていましたが
積極的な活動はそこまでしていませんでした。

今となって後悔しかありません。なんであのありある時間を
人と積極的にかかわって歌という名の情報発信をしなかったのか。

なんで恥ずかしがって、自分の考えを歌にしてたえられなかったのか。

何だかんだいってているともう大学3年生。
周りは就活一色になっていきます。

とはいえ、会社員になって会社のために働くよりは
社会のために制度を作る側にまわりたいなーと考え
公務員を志すも数的処理が難しすぎて速攻で断念。

民間に切り替え、何とか東証一部上場の証券会社に入社することができました。

とはいえ、社会人になることにもそんな前向きではなく、
4月1日の入社直前まで宝くじでもあたんねーかなーと考えていました(笑)

社会人

さて、結局、宝くじは当たらずに入社式を迎えます。
完全夜型人間だったので朝方に変えるのには苦労しましたが何とか朝方に切り替え、
社会人生活スタートです。

かなり文化的に古い会社だったのでかなりヤバい文化はたくさんありました。
勤めていた会社のやばいところベスト3を発表しますね(笑)

 

3位:飲み会は朝まで付き合う

これは割とどこの会社でもある?のかもしれませんが、
結構きつかったです。
会社的に高齢者が多い会社だったので僕のいた支店でも
僕の次に若い人が30代、そのうえはもう50代しかいませんでした。

だから、先輩方にはヘコヘコせざるを得ないんです。
お酌は当たり前、料理が遅かったら店員に聞きに行って
一番しんどかったのが説教です。

年配の方は説教がすきなんでしょうか。
夜中の12時から朝6時まで説教されたこともありました。

拷問以外の何物でもありませn・

2位:1日16時間労働であるにも関わらず残業代が1時間30分しかでない!!

なんと出勤時間が7時!しかも7時に全員そろっているんですよ。やばいですよね。
そして、終わるのが20時!しかも、個人の仕事が終わったら帰るとかではなく
締め会という会議があってこれが終わらないと帰れないので自動的に定時帰りっていうのは
あり得ません。そして、締め会後も仕事をするのが当たり前なので
実際に帰るのは21時~23時。最低12時間で16時間の労働もざらにありました。

しかもすごいのがここまで働いて残業代が1時間30分しか出ないという待遇。
いまでも訴えたいくらいです!

 

さて、一番はこれは郡を抜いてやばいです。

1位:お客さんに殺されかける

そんなこんなで証券会社の営業を初めて1年がたち、業務にも
慣れてきたころの話です。

上がり続けていた株価が突然暴落したんです。
株価は一気に半分くらいまで落ち込んでしまったんです。

僕がお客さんに進めてかってもらっていた株も半分なんてあたり前な状態になってしまいました。

そんな中、一番、僕に優しく接してくれていた飲食店を営むお客さんの家に訪問した時の話です。

「すみませーん。」

こう僕が呼ぶといつもニコニコした顔でお店から出てくるお客さん
その日はいつも見たことがないような怖い顔をして出てきたんです。

もはや、その顔は鬼のようでした。

そして、株価が暴落したことを伝えて、今後の株価予想を話そうとしたときに
暴れだしたのです。机の上の灰皿や本は回りに散らばって部屋は店先はぐちゃぐちゃです。

そして、血走った眼でこういったのです
「殺してやる・・・・・・」

そして、お店の奥に入っていってキッチンの包丁が入っているだろうあたりを
ごそごそやっているんです!

やばいと思いますよね。

どう考えても包丁を探してますよねこれ(笑)

この続きは長くなってしまうので私のメルマガでお話しできればと思うのですが
なんとかこうブログをかけているので死んではいないのですが
死ぬかと思いました。

さて、その後、会社が嫌になって私が行っている副業:ブログアフィリエイトの出会い。

そして。だれもが知る大手企業に勤めながらも
ブログで稼ぎまくるプロ副業家になるまでの話があるのですが
それはこちらのメルマガでお話ししています。

 

僕が理想とする究極の副業:ハーモニックワーク

僕自身、プロ副業家を語るだけあって副業には強い思い入れがあります。

副業を持つことは、将来、会社が倒産したり、給与ががでなくなったり、人間関係が悪化して会社にいられなくなった時や
会社を辞めたくなった時へのリスクヘッジになりますし

会社にしがみついて1年で、多くて数千円の昇給を狙うより
副業なら1日2時間行うだけで10万円以上稼ぐことが可能です。

なので副業を行うことは生活が安定しますし、お金持ちになれる
最高の働き方だと思います。

この不安定な時代に安定とお金持ちを同時に実現できるのは副業ぐらいしかないと思います。

この時代に副業を禁止している会社はナンセンスにもほどがあります。

政府も最近は「働き方改革」などいって副業を原則禁止から推奨に転換しました。

そして、巷ではパラレルワークという言葉がはやりだしていますね。
これは副業ではなく、メインの仕事をいくつももつことを言います。
すばらしい考え方ですね。

しかし、当ブログを通してみなさんに行ってもらいたいのが
パラレルワークのさらに一歩先の働き方ある「ハーモニックワーク」です。

ハーモニックワークとはいくつものメインの仕事を持ちつつ、
一つひとつの仕事を楽しんで行うことができるため
それ以外の仕事を行う活力になっていく働きかたです。

一つひとつの仕事が楽しくて別な仕事もがんばれちゃう

そんなイメージです。

さて、みなさんもこのブログを通してハーモニックワークを
実現し、人生をあなたの思うままに変幻自在に作曲していってください。

ハーモニックワークを行いたい方はこちらから
動画60本以上の動画でそのやり方を解説しています。

ハーモニックワークの第一歩に
下記、登録フォームから完全無料の参加型コミュニティー「LiveHouse プレリュード」
に参加してみてください。